ダイエット中の小腹を満たす方法

ダイエット中の小腹を満たす方法って何がいいの?

 

 

ダイエット中って食事制限することが多いので、小腹が空いてツライって方も多いですよね。

 

食べられない、けど、少しのもので小腹を満たすには?
無理に食べないでいて、ストレス過剰になったりモチベーションを落としたりしないようにするには?
少しくらい食べてもカロリー過剰にならない食べ物って?

 

このページではそんなダイエット中に適切な「おやつ」的なものをご紹介しますので参考にしてください。

 

小腹がすくとは?

 

本当に食欲があるってわけじゃないのに、なぜか小腹がすいてって経験ありませんか?実はこの現象って、本当の食欲ではないんです。
食事して間もないのにお腹がすく、なんだかわからないけど何か食べたい衝動にかられる・・・

 

これらは、所謂ほんとうに身体が栄養を欲しがっているのではなく、何らかのストレスとか不満感などで、自律神経のバランスが崩れて欲していることが多いんですよね。

 

身体の本来の働きに従えば、お腹が減った=栄養が足りない=何か食べないと生命を維持できない。というのが通常の流れです。
もしくは逆に、今はお腹いっぱい=栄養が足りている=食べると栄養過多になるのでたべないように、と脳から指令が出るのが自然の流れですね。

 

食べて満腹感を得たことを察知するのは、脳の中の「視床下部」と呼ばれる器官です。
この器官の働きは、自律神経の働きを調節するほか、ホルモンバランスも調整しています。

 

特にダイエットなど食事制限がかかる場面では、ストレスなどで自律神経やホルモンバランスが乱れてしまいます。
それにともない、視床下部が働きのキャパを超えてしまい、食欲のコントロールがアンバランスになってしまいます。

 

これが、食べる習慣じゃない時間帯に食べえたくなる=小腹がすく原因なんです。

 

 

では、どう解消すればいい?

 

小腹が空いたら、無性に食べ物を口にしたくなります。
それが制御できないと思わぬ摂取カロリーオーバーになってしまいます。

 

本来は、例えば朝昼晩と3食きちんとぢょくじを取っていれば、その時間以外「極端に」お腹が減るという事はありませんし、もしあれば、先ほども言ったように、何らかの異常やストレスを感じている状態ですよね。

 

では、小腹がすいたと頻繁に感じるとき、どうすればいいのでしょうか?

 

対策として、
・目の届くところに食べ物を置かない。
・ほかのことをして気を紛らわす。

 

この2つでしょうね。

 

でも、どうしても何か口に入れないと気が済まない。

 

ダイエット時の「小腹がすいた対策用」の食材をあげてみましょう。

 

【適度に糖が入った飲み物】
生姜湯とか甘酒ですね。ただし飲みすぎはダメですし、市販のジュースや炭酸飲料も糖が多すぎます。

 

【GI値の低い(血糖値の上がりにくい)おやつ】

 

・ヨーグルト
・ゼリー
・ココア
・パンナコッタ

 

などがありますが、食べる量はほどほどに。

 

あと、ガムをかむ、スルメを食べるっていうのも、いい対策ですよ。

 

いずれにしろ無理な食事制限にならないように、普段から気を付けましょう。

 

 

>>グリーンシェイパーのクチコミや成分はコチラ