有酸素運動だけでは痩せない?

「有酸素運動」は筋肉を落とし、基礎代謝を下げるって本当?

 

 

このトピックは、ふだんジョギングやウォーキングを日課にしている人にはショックな内容ですね。

 

例えば、スポーツジム初心者がジムに行った場合、まず体を温めようと、はランニングマシンやバイク(自転車)などをすると思います。

 

これらのエクササイズは言うまでもなく有酸素運動です。

 

有酸素運動は体脂肪は確かに落としますがいくらやっても短期的な効果しかないばかりか、全く痩せない、つまり水分しか失われないっていう事もあります。

 

同じように、自宅近くでジョギングやウォーキングだけしても一時的に効果はあるかもしれませんが、そう簡単には痩せません。

 

これはどうしてなんでしょうか?

 

そのメカニズムを簡単に説明します。

 

単純に、カロリー消費の仕組みがあります。

 

例えば、ウォーキングやジョギングなど毎日毎日1時間程度の運動を続けたとします。

 

1か月間続けたとして消費するカロリーは単純計算ですが約1kgくらいです。

 

そうしたら、10kg痩せたかったらその10倍期間、つまり10ヶ月続けるとか、2時間にすれば(ちょっと普通では無理ですが)5ヶ月で痩せるとか。

 

計算上はそうですが、人間の身体は「耐性」ができます。

 

つまり、有酸素運動を続けることはいいんですが、それを克服する強度のレベルが高くなってしまうので、有酸素運動だけで痩せることは無理ですし、プラス食事を極端に減らして有酸素運動をするなんて結構な負担になります。

 

ダイエットする近道は、筋トレをして基礎代謝を増やす。

 

もしくは脂肪燃焼しながら体質を改善していく。

 

この2つしかないと言ってもいいでしょう。

 

グリーンシェイパーは、激しい筋トレや、無理な食事制限をすることもなく「燃えやすい身体づくり」をサポートして、スピーディなダイエットをサポートします。

 

 

>>グリーンシェイパーの公式サイトはこちら